債務整理の道を選んだ人生

借りれる金額より返済できる金額を考えてお金を借りること

大阪府大阪市 30代 

近年、キャッシングやカードローンは以前より手続きも簡単になり手軽に借りることができるようになっています。

すると、つい必要な金額より多めに借りてしまったり、お金が足りなくなる度に借金をしてしまったりするケースがあり、気がついた時には限度額まで達してしまっていることも少なくありません。

多くの方の場合、限度額は50万円から100万円程度だと考えられます。

それ以上の額を融資してもらう場合は銀行などで審査をしてもらっても目的に合ったローンを契約することがおすすめです。

また、キャッシングやカードローンの毎月の返済額は5千円や1万円程度からと低めになっているのも注意が必要です。

例えば毎月1万円の返済額とすると元本の返済は6千円で、残りの4千円は利息の返済になっているのです。

自分は1万円返したつもりでも元本はあまり減っていないので、全額返済するためにはかなりの時間が必要になります。

このような事態を避けるためにも、キャッシングやカードローンを利用する前にはシミュレーションをするとわかりやすいです。

銀行や消費者金融のホームページでは返済のシミュレーションができるようになっているので、自分が借りる予定の金額を入力して合計どれくらいの返済額になるのかを確認してからお金を借りることが大事です。

とは頭の中でわかっていても、つい使いすぎてしまう物です。

私は気が付くと250万円くらいになっていました。

付き合いや欲しい物などお金はいくらあっても足らないな!

なんて思いました。

返済額もまったく減らないし、結婚を考えている人が出てきましたので、その前に整理しようと思いました。

もちろん返済すれば良いのですが、最近給料も減ってきているし自由がありません。

私は借金の為に仕事をしているようで、正直疲れました。

今回債務整理に申し込みしましたが、申し込みは非常に簡単です。

10秒あれば申し込みが終わる感じです。

今ある借金の額だけを入力するだけでした。

同じように悩んでいる方がいるなら、私と同じ道を選ぶ事をお勧めします。

これで人生借金は最後にする!!

と言う覚悟は必要になりますよ。


人気サイト